イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花言葉をさがして ドイツ語版

以前書いたが日本ではポプラ社から刊行されている“花言葉をさがして”
のドイツ語バージョンを購入。

IMG_3397_convert_20121014022857.jpg

購入はしたもののドイツ語はわからない。
それでも読めなくても本は好きなので、書店には立ち寄りたくなる。
本の装丁を眺めたり、写真集などは言語は関係ないし、レシピ本も写真が多いものは楽しめる。

ベルリンでは地下鉄や列車内で本を読む人を良く見かける。
私が気にしてるから目に入ってくるだけなのかもしれないが、時間帯によっては、
2人掛の座席が向かい合った4人座れる場所に座る4人ともがそれぞれ本を広げて読んでいたり、
横並びに6〜7席並んだ座席に座る6〜7人が皆、片手に本という光景もある。
“紙の本”健在!と嬉しくなる。

日本では本を読む人よりもケータイ(電子書籍か?)を見ている人の方が多かった気がする。
そう言えば朝のラッシュ時にも関わらず新聞をバサーッと広げて読んでいる人、
バッサバッサ音を立てながらページをめくられるのは嫌だったな。
ケータイを見る人は当然ベルリンでもたくさんいるが、
今のところ新聞を広げて列車内で読んでいる人にはお目にかかっていない。
新聞のサイズの違いもあって気付かないだけかもしれないが。
スポンサーサイト
[ 2012/10/14 03:53 ] Deutschland | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。