イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

師匠ルイジ

さて、製本家修業。製本家養成学校に通っているわけでも街の製本屋で数人の職人さんの中で仕事を教えてもらっているわけでもない。あるイタリア人製本家に直接教えてもらっている。

名前をルイジLuigiと言う。ルイジのHP:www.luigicastiglioni.it

ルイジは友人からの紹介だ。しかし偶然とは言え、本当に幸運な巡り合わせだったと私は思っている。
なぜなら、イタリアに来る前から薄々とはわかっていたものの、来てみて現実となって知ったのは、イタリアには工芸製本家は、皆無に等しかったからである。
工芸製本家というのは、高度なテクニックで綴じた本を素材、デザインともにゴージャスに仕上げる人のことだ。簡単に言えば製本界のシャネルだ。
シャネルがその顧客に合わせてスーツを誂えたように、その本に合わせて、細部までこだわって一着、一冊を仕上げる。
こちらイタリアにも、もちろん製本家はたくさんいるが、街の製本家の多くは、シャネルの仕立てはしない。需要の有無、職人の技、もちろんその職人がどこを目指すかはそれぞれである。

イタリアを旅した人がヴェネツィアやフィレンツェで目にしたことがある革やマーブル紙で装丁された本やノートも大変美しい。これらは伝統的な装丁だ。
しかし、伝統が残る一方で、工芸製本の世界も進化している。
そして一見、同じように見える装丁本も職人の腕の良し悪しにより当然差が出てくる。洋服と一緒だ。
デザインは同じシャツだが、パターン、縫製の良し悪し、素材によって、見た目、着心地ともに変わって来る。

そして今の私の目標はルイジだ。

私は、他の人に話をする時、ルイジのことをマエストロと呼ぶ。師匠である。当然、その呼び名にふさわしいと思っているし、ルイジもそう呼ばれると嬉しいようだ。

華やかなイメージを抱かれるイタリアで、工房で師匠とふたり、地味だが充実した毎日だ。

スポンサーサイト
[ 2010/12/16 17:03 ] はじめまして piacere | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。