イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒論 tesi di laurea

こちらイタリアでは卒論製本屋に持ち込み製本してもらう文化がある。
パオロの製本屋では、学生達に数種の製本パターンから、紙装、布装、装、またはそれぞれの素材の組み合わせ、そして各素材の種類や色まで選んでもらい製本する。
しかし、やってきた学生達は、友人知人の紹介、インターネットで知って来たのはよいが、製本屋でのかってがわからず、卒論を製本してもらいたいのだが、一体どうしたら?と始まる。
製本を頼む場合、卒論でも本でも基本的には同じだが、
卒論をA4サイズにプリントアウトし(もしくは本)製本屋に持ち込む
②製本パターンを選ぶ
③素材の種類、色を選ぶ
以上で注文終了だ。

友人、カップル、親子でやって来た彼らは初めて足を踏み入れたと見える製本屋で最初は戸惑いながらやって来たとしても、簡単な説明を聞いた後は、実に楽しそうに自分の卒論をどのように仕上げてもらうか、ああでもない、こうでもないと20冊程度の見本を見ながら話している。
もちろん価格の違いも生じる。
その間、パオロは、よくいるタイプのイタリア人の商店主(各国共通か?)のように客にぴったりくっついて接客ともコントロールとも見えるような圧力を与えず、自由に選ばせる。
面白いのが、基本的に好まれる色デザインはあるようだが、年によって人気色がファッションのようにあるようだ。
この秋冬はなぜか、フクシアピンクが女性に人気だった。
IMG_7875-1.jpg
スポンサーサイト

タグ : 製本 製本屋 工房 古書 卒論 アルバム メニューブック イタリア 貴重本

[ 2011/02/13 11:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。