イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マーブルペーパー carta marmorizzata

IMG_8048-1.jpg
注文していたマーブルペーパーが届いた。
購入したマーブルペーパーはとても美しいものばかりだった。
しかし、ネット販売で困ることは、手軽で簡単、自宅に居ながら商品を受け取れるなど利点が多々あるのだが、質感や実際の色がわからないのが残念だ。
届いてみると、どれを注文したのだろうか?と思うのだ。
師匠も一緒に、それぞれ勝手に気に入ったものを注文していたため、どっちが注文したものかわからなくなってしまった。そもそも注文時からの時間の経過により記憶も曖昧だ。
それに写真で見て思い描いていたものと柄の大きさ、色合いが違う。
そして手染めのマーブルペーパーは当然1枚1枚微妙にデザイン、色合いが違う。
それでも、美しいものが届いたこと、マーブルペーパー待ちだった本の仕上げにもかかることができるわけで嬉しさは変わらない。
さて、このマーブルペーパー、日本やその他イタリアの有名観光地で購入するのに比べ驚くほど安い。
ちなみにこのマーブルペーパーを作っている方、師匠と同じ誕生日だったそうだ。
スポンサーサイト

タグ : 製本 イタリア 工房 製本家 古書 ルリュール マーブル マーブルペーパー

[ 2011/02/18 12:06 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。