イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

製本用語 termine rilegatura

スペイン人が書いた製本の本のイタリア語版が届いた。
製本用語もいろいろあって、今まで音だけで覚えていた言葉が、この本によって文字となって明らかになる。
一緒に仕事をしていると、全てを語らなくても何となく何が必要なのか、何をしたいのかがわかってくるため、覚えている最初の数文字だけを言うだけという事もよくあるのだ。
まさに、“あれ”“それ”状態だ。例えばハサミの言葉が出てこなければ、ジェスチャーするか、“紙を切るもの”と言ったりするわけだ。
私の場合、この発想の転換というのもなかなかの訓練が必要だった。
転換した言葉も知らなければならなかったからだ。

IMG_8164-1.jpg
日曜日に街の広場に子供たちのためにおじさんが動物を連れてきていた。
観客のように見える一匹の犬だけはひもにつながれて柵の外にいた。
彼だけは中のにいる小動物を食べてしまうかもしれないから信用できないのだと、おじさんは観客に語っていた。
おじさんとこの犬も言葉を交わさなくてもお互い理解できるらしい。。。
スポンサーサイト

タグ : 製本用語 イタリア

[ 2011/02/21 12:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。