イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

綴じ糸 filo

本を綴じるためのの素材もいろいろだが、工房では麻を使っている。
の太さも様々で、本文の紙の厚さ、
折丁(綴じの本の本文はページが2つ折の冊子のようになっている)の数、
最終的な背の高さを想定してを選ぶ。

特に背を丸くした丸背の本にする際、薄い紙で折丁が少ない場合は、太めのでなるべく綴じ部分、背の部分が高くなるように調整し、薄い紙でも折丁が多い場合は、細い糸で綴じる。
IMG_8017-1.jpg


スポンサーサイト

タグ : 製本 綴じ糸

[ 2011/02/22 12:25 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。