イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

耳または足をつける la brachetta

本の中にイラストや版画、もちろん本文のこともあるが、二つ折りになっていない1枚の状態の紙が差し込まれていることがある。
この1枚紙のものを他の本文紙の2つ折りのものと同じように縫い綴じるには、本文中、適切な箇所のページにのりで貼り付けることも可能だが、
耳(足)をこの1枚紙の縫い綴じる部分の縫い代として貼り付ける。こうすることで、イラスト紙の見開きもよくなり、見やすくなる。
この時、この縫い代になる耳(足)は、和紙を使用する。さらにこのイラスト紙などが厚さがある場合は、この厚みを考慮した処置も必要となる。
IMG_5663-1.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/03/02 12:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。