イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イタリア人とオペラ

今日、パソコンの状態を見てもらう予定だったが、
いつも携帯電話は不携帯の私と、
見に来てくれる人が、実は工房の詳しい住所を知らなかったことが原因で会えなかった。
しばらくパソコンの修理はできそうにない。
彼は師匠の友人のいとこで、師匠とも面識があり、日時を約束したときも
「工房に行くよ。ルイジにも会いたいし」とのことだったが、
まさか住所不案内だったとは。。確かに工房は昨秋、郊外に引っ越ししてしまったのだが。
どこでも一緒だろうが、どんなちっちゃなつながりでも友人、知人づての紹介で仕事を頼むのが一般的なイタリア。
そして、友人知人、友人の友人、知人の知人など、なんらかのつながりが無い人を全く信用してないようだ。
イタリア人はずる賢いから気をつけるようイタリア人から言われる。
かと思うと友人、知人に対してのあのオーバーな親愛のリアクションは。。。
友人は言う。オペラ発祥の地イタリアだけあって、実生活もオペラのようなのだ。と。
なるほど、うれしいときは大声で笑い、悲しいときには人目もはばからず大いに泣き叫ぶ。
もし人目が無ければ、後で周囲の人々に報告する。
自分がどれだけ、幸せだったか、どれだけ不幸だったか。

ということで自分のパソコンからのブログ投稿では無いため、しばらく写真が載せられません。
スポンサーサイト
[ 2011/03/08 14:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。