イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イタリア夏時間スタート

朝、目覚めて時計を見るといつもの時間。携帯を見ても同じ時間。
さてパソコンを立ち上げてみると、時計と携帯の時間より1時間進んでいる。
パソコンがおかしいのかなと思うくらいで気にも留めなかったのだが、
午後に約束していた友人からのメッセージで気がついた。
一時間も約束の時間より早いのに約束の場所に到着した?
そしてやっと気がついた。
今日から夏時間!
日が暮れるのが1時間遅くなる。その分、イタリア人たちはのんびり夕方の時間を楽しめる。
ということで日本との時差は7時間になった。日本が朝8時のときにイタリアは夜中1時。

Picture 1911
土曜日は一日工房にこもっていた。
最後は三冊の本を綴った。
この綴る作業にかかるまでには、準備することがたくさんあって、やっとやっと綴る作業にたどりつく。
それぞれの本に最適な太さの糸を選び、かがり作業にとりかかる。
地味な仕事なのだが、この作業は非常に楽しい。

地味に黙々と作業する私を不憫に思ったのか、師匠が無料でエスプレッソを飲める場所に連れて行くと言う。
何のことはない、工房から10分程度の距離にある師匠の友人の仕事場にエスプレッソマシーンがあった。
歯科技工師をするその友人のオフィスは、最近建てたばかりらしい。
日本のクリニックに良く似た造りのガラス張りの明るいオフィスだった。



スポンサーサイト
[ 2011/03/27 23:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。