イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かなづち Martello

Picture 961

綴り終えた本は、背を丸くする作業にとりかかる。
背を丸くした後の写真を撮って載せればよかったが、いつものようにうっかり写真のことは忘れていた。
このため、この写真は綴った後、背をのり(ボンド)で固め、背を丸くする前のもの。
先日の写真には写っていたのだが、ひげのようなものを本の中に仕舞い込み、
本の背を上にし、本を固定する道具でしっかり本がずれないように締め付け、かなづちを使って丸み付けを行う。
男女差がここに出てくると思うのだが、しっかり締め付けるのも私はかなりの時間とちょっとした道具を要するが、師匠は、素手でぎゅっと締め付け、大きなかなづちを片手でラクラクと(もちろん慣れもあるだろうが)持ち、軽く手首のスナップを利かせて背に丸みをつけている。
私も真似をしてみるのだが、当然、片手でラクラクとは行かず、10回ほど続けて振り続けられればいいほうで、かなづちの重さに耐え切れず度々ため息をもらしながら作業している。



スポンサーサイト
[ 2011/03/28 22:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。